忍者ブログ

長崎にある『ゲームスポット大橋』の情報をお届けするブログです。                   ゲームスポット大橋は2013年8月31日をもって閉店しました。様々な人に感謝!!

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日から

このブログを再開しようと思います。

特に書くことも無いのですが、無いなら無いでオロンチンポロモッチョとか書いとけば割とどうとでもなるような気がします。



……いやー暑いですね。しかし。このような熱帯夜に皆さんのご機嫌を伺うこのブログですが、この晩夏の候、いかがお過ごしでしょうか。

わたくしの最近の専らのブームといえば、そう、今や飛ぶ鳥を落とす勢いで爆発的にプレイ人口が増加しているとT大学の教授も力説していると言われる『ランブルフィッシュ2』です。

このゲームの良さをここで語りきることは難しく、また書ききれる量でも無いのですが、その内2つをピックアップして紹介していきたいと思います。



・硬派なキャラクター達
ランブル2の世界観やキャラクターは、ストシリーズとKOFを足して2で割ったような雰囲気を持っています。『キャラクターのかっこよさ』という面では、ランブルほど魅力を持ったキャラを擁するゲームはそうそう無い!
プレイスタイルも様々な個性があり、『ランブルならでは』の動きを持つキャラも多数存在します。色んな視点から自分の使いたいキャラを見付けることが出来るでしょう。

amarecco0038.png

※実際に使用できるキャラクターはゼンとオービルの2キャラになります。



2つ目。
・奥深いシステム
このゲームの目玉はなんと言ってもシステムにあります。個人的にはシステムゲーと言ってもいいんじゃないかとすら思っています。
2種類のゲージ運用を考えながら、インパクトブレイクというブロッキングに似たシステム、ダッキングという回避行動、小ジャンプ、空中停止、ガード不能攻撃、攻めを継続できる突進技、キャラ固有の一定時間強化技、など、攻防の読み合いを深めるシステムが目白押しとなっており、システムを知ることでランブルがみるみる面白くなっていきます。

そしてこのゲームの良いところは、実は意外と敷居が低いという点です。システムは複雑ですが、キャラクター1体1体の扱いやすさは決して複雑なものではありません。キャラを動かしているうちに自然とシステムを覚えられ、システムを覚えればどんなキャラでも使えるようになる。それがランブルです。

amarecco0039.png

※2種類のゲージはだいたいこうやって使います。



さぁランブルの魅力は十分に伝わったでしょうか?格闘ゲームらしい格闘ゲームがしたいのに、なにをすればいいのか分からなかったそこのあなた、ゲームスポット大橋に行ってランブルを始めるのは”今”ですよ……?

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

[08/24 txccncxgkz]
[08/19 DonaldSus]
[08/01 ホシ]
[02/03 ddEr]
[02/02 joeEr]

ブログ内検索

バーコード

カウンター

アクセス解析

Copyright ©  -- ゲースポの空(から) --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]